スタッフブログ

「火災保険」と「地震保険」で自然災害には対応できます!

こんばんは、保険のプロ集団 総合保険のラズシップ 木田です^^

私はラズシップで現在事故の担当者をしているので、お客様から事故の報告を毎日お聞きしています。その中で「増えたな」と実感しているのが自然災害によるご連絡です。

昨年2020年は7月熊本集中豪雨、一昨年2019年では台風15号・19号が有名ですが、ゲリラ豪雨や突風による被害も非常に多いです。

災害が起こって、自分のお家や家具・家電が使えなくなった時、皆さんはすぐに修理できるだけの貯蓄はありますか?木田にはありませんw

今回は、自然災害に対応できる保険「火災保険」「地震保険」について以下3点について詳しく解説したいと思います。

今回の要点
  • 「火災保険」とはなに?
  • 「地震保険」とはなに?
  • 保険でどれくらい補償されるのか

「火災保険」とはなに?

火災保険は、モノ保険の一種で、「建物」と「家財」を補償する保険です。

名前の通り火事に起こったときを想定して始まった保険で、近年では自然災害に対応できる内容になっています。残念ながら、地震による被害は対象ではありません。

火災保険で対応できる被害 ()は事故例
  • 火災(火事・落雷など)
  • 風采(台風・竜巻など)
  • ひょう災(大きな氷の ひょうやあられ)
  • 雪災(降雪で建物が押しつぶされる など)
  • 水災(洪水や鉄砲水など)
  • 盗難
  • その他日常生活で起こる破損(引っ越し準備でテレビを破損させた など)

「地震保険」とはなに?

地震による被害は、地震保険で補償されます。

地震保険は、「建物」と「家財」にかけることができます。

地震保険で対応できる被害
  • 地震や噴火、津波による火災
  • 地震や噴火、津波による損壊
  • 地震や噴火、津波による埋没、流出などによる損害

なお、地震保険は単体で加入することができず、火災保険とセットで加入する必要があるので注意してください。

保険でどのくらい補償されるの?

「知り合いが保険屋ですすめられるままはいったけど、火災保険も地震保険も入っているから安心やねw」

という方、いらっしゃると思います。

ちょっと待った!その火災保険と地震保険は、いくら補償されますか?

以前でもお伝えしましたが、保険は内容をしっかり把握していないと、いざ事故が起こったときに補償されない場合があります

火災保険と地震保険の内容で、チェックするポイントは2つあります。

チェックポイント 2つ
  • 保険金額が少なくないか
  • 補償範囲を限定していないか

チェックポイント1:保険金額は少なくないか

「建物」や「家財」に火災保険を設定するときに、いくらを上限にして保険を掛けるかを設定します。これを保険金額と言います。

この保険金額は、「建物2000万円」「家財500万円」といったキリの良い数字でかけるのですが、「再度同じものを買うときに必要な金額(再調達価格といいます)」を基準に設定することをお勧めします。

なぜならば再調達価格より少ない金額で保険をかけると修理金額が一部しか補償されないからです。

修理金額の一部しか保険が出ない例

Aさんは2000万円の建物に火災保険を加入することにしました。知り合いの保険屋さんに保険金額1000万円の火災保険をすすめられたのでそのまま加入しました。

・建物の再調達価格:2000万円

・火災保険の保険金額:1000万円

台風で屋根が吹き飛んだため100万円修理にかかったとすると、保険で全額補償されるでしょうか?答えはNoです。

建物の再調達価格に対して保険が半分までしかついていないので、その割合に応じて補償が減額されてしまいます。修理金額100万円の場合、補償されるのは半分の50万円ということになります。

自分の家の再調達価格はいくらなのかについては、ラズシップで試算ができますので是非ご相談ください。

チェックポイント2:補償範囲を限定していないか

火災保険では、火事の他にも自然災害に対応できると説明をしましたが、保険料を安くするために補償範囲を限定して入ることもあります

補償範囲を限定した例
  • 高台に住んでいるので、洪水はないと思い水災を外した→ 土砂崩れも水災
  • 保険料が高いので、風災に自己負担額10万円をつけた → 10万円以下の修理は保険で対応できません

補償範囲を限定するのはあくまでも自己責任です、限定した部分は保険金がでないことをしっかり理解しておく必要があります

まとめ

まとめ
  • 自然災害に対応できるのは「火災保険」「地震保険」のセット
  • 保険金額は「再調達価格」で設定する
  • 補償範囲を限定しない

今あなたが入っている「火災保険」と「地震保険」が自然災害のときにしっかり保険金を払えるものなのか、再度証券をチェックしてみてください

証券には専門用語が使われていて変わりにくいかもしれません。そんな時は私たち保険のプロに相談してくださいね。

    お客さま情報

    お問い合わせ・ご依頼、誠にありがとうございます。2営業日中に担当者よりメールにてご連絡させて頂きます。3営業日を過ぎても連絡が無い場合はお手数ですが、再度お問い合わせ頂けると幸いです。

    ※2021.4.14 執筆 木田 突風で眼鏡が吹っ飛んだ日

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    お問い合わせ

     

     

    QRをスキャンしてご連絡ください。

    営業日カレンダー

    Facebookページ

    PAGE TOP