スタッフブログ

自動車保険は必要です!自賠責保険だけじゃダメな理由

こんにちは!保険のコンシェルジュ、ラズシップの木田です^^

今回は「自動車保険」のお話です。

皆さんが自動車を運転する際に、「自賠責保険」と「自動車保険」の2種類に加入していると思います。

なんで2種類も加入しないといけないのでしょうか?

令和3年4月現在、自賠責保険は自家用乗用車の場合、24か月で20,010円。自動車保険の保険料は一概に言えませんが、毎月数千円~1万円程かかっていると思います。決して安いものではありません。

今回は自動車保険の必要性について以下3点を踏まえつつ詳しく解説ついたします。

今回の要点
  • 自賠責保険ってなに?
  • 自動車保険ってなに?
  • 自賠責保険と自動車保険の違いはなに?

自賠責保険ってなに?

自賠責保険は、道路交通法上、現付自転車を含むすべての自動車につけなければならない保険です。

法律で絶対加入することになっているので、「強制保険」と言われたりします。

主な内容
  • 相手方のケガの補償(対人賠償)

自動車保険ってなに?

自動車保険は、民間の保険会社が提供する保険です。

加入するかしないかは自由でなので、任意保険」と言われたりします。

主な内容
  • 相手方のケガの補償(対人賠償)
  • 相手方のモノの補償(対物賠償)
  • 乗っている人の補償
  • 車の補償

自賠責保険だけじゃダメなの?

自賠責保険と自動車保険の主な内容はわかりましたが、自賠責保険の加入だけではいけないのでしょうか?

自賠責保険だけでは足りない点が4つあります。

自賠責保険だけでは足りない部分 4点
  • 対人賠償の金額が足りない
  • 対物賠償がない
  • 乗っている人のケガの補償がない
  • 車の補償がない

対人賠償の金額が足りない

自賠責保険の補償範囲は、1名につき、死亡(なくなった)3,000万円、けが120万円が限度です。

人が亡くなったときの賠償額の相場としては、一家の大黒柱の場合で2700万円~3100万円と言われており、自賠責保険だけではショートしてしまう可能性があります。

対物賠償がない

自賠責保険は相手方のけがの保険なので、モノの補償(対物賠償)は含まれていません。

過去の交通事故では、対物賠償が2億6,135万円と高額になったものもあります。

乗っている人のケガの補償がない

運転している人はもちろん、同乗している人のケガの補償がありません。

家族だけならいいですが、友達や知り合い、取引先など他人さんを乗せる場合もあり、事故でケガをしたとき治療費が出ないと迷惑が掛かります。

車の補償がない

事故で車が壊れても修理費が出ません。

古い車ならあきらめることができるかもしれませんが、新車を買ってすぐの時はきちんと修理して乗りたいのではないでしょうか。

まとめ

まとめ
  • 自賠責保険は対人賠償のみであり、金額も足りない
  • 自動車保険は、対人賠償のほかに、対物賠償・乗っている人のケガの補償・車の補償がある

自賠責保険だけではなく、自動車保険も加入して安心のドライバー生活を送ってください。

    お客さま情報

    お問い合わせ・ご依頼、誠にありがとうございます。2営業日中に担当者よりメールにてご連絡させて頂きます。3営業日を過ぎても連絡が無い場合はお手数ですが、再度お問い合わせ頂けると幸いです。

    初期投稿:令和3年4月17日

    執筆 木田 陽菜

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    お問い合わせ

     

     
     
     

    QRをスキャンしてご連絡ください。

    営業日カレンダー

    Facebookページ

    PAGE TOP